2015年07月31日

鉄砲紹介 (VFC HK416D10RS GBBR 編)


先日のルアナスタイルでのゲーム絶好調だったマルイ MP7。すっかり夏場のガスブロの魅力にハマってしまい、どうしても長物ライフルが欲しくなってしまいました。そこでチョイスしたのはこちら!


  » 続きを読む


Posted by taroybmx  at 06:18Comments(0)エアガン鉄砲紹介VFC HK416D GBB

2015年07月29日

灼熱のルアナ Style でピースメーカーゲーム!!


久しぶりにゲームに行ってきました! フィールドは初のルアナスタイル、East County を貸し切ってのピースメーカーゲームです。


当日はいろいろ危険を感じるレベルの超快晴! 森の緑と空の青が目に痛いです。自分は morizo さんと同乗で会場入り、到着からすでに汗だくという過酷な状況。

初めてお邪魔したルアナスタイル/East County は、なだらかな傾斜にそって建造物が配置され、奥に見える森も使った複合的な環境でゲームが楽しめます。この日のような快晴時は、外が明るすぎて森の中がほとんど見えず、全面使用時はかなりの緊張感。建造物やバリケードの配置も密過ぎずまばら過ぎずでめちゃくちゃ楽しめました。


  » 続きを読む


Posted by taroybmx  at 00:38Comments(0)ゲーム

2015年07月26日

マルイ GBB MP7A1 カスタム! (組み立て編)


前回の記事でようやくチャンバー&インナーバレルまでたどり着いたマルイ製のガスブロ MP7、今回は右曲りの原因を修正して組み立てていきます。

さて、右曲りの原因ですが、写真をご覧ください。非常に微妙なのでわかりにくいと思いますが、バレル先端から覗くと、ホップパッキンがわずかにケバ立ってインナーバレル内に突起を作っているように見えます。バレルはチャンバーから外した状態ですので、もちろんホップはかかっていません。この微妙な出っ張りが BB 弾に余計な回転を与えて着弾がずれてしまっているのではないでしょうか?


  » 続きを読む


Posted by taroybmx  at 00:40Comments(0)エアガンGBB MP7A1 カスタム

2015年07月23日

マルイ GBB MP7A1 カスタム! (分解編)


いよいよ梅雨も明けて夏本番、ガスブロの季節がやってきました。というわけで、東京マルイ初の長物ガスブローバック 「MP7A1」 をいじってみました!

というのも、以前からこいつは着弾が右にずれる症状が出てたんですが、先日 SCAR-H の検証にウーパー新横浜に行った際ついでに撃ったところ、症状がひどくなっているような気がしたからです。この MP7は Move さんに軽くカスタムしてもらっているので今まで触るのが怖かったのですが、SCAR-H をバラしまくって少し自信もついたのでトライしてみることにしました!


  » 続きを読む


Posted by taroybmx  at 01:40Comments(0)エアガンGBB MP7A1 カスタム

2015年07月20日

右端の人 AVS 微修正!

※今回の記事は AVS の構造に関するお話なので、ぜひこの辺も合わせてお読みください。

右端の人の載っている写真は、中米はベリーズ (旧称: 英領ホンジュラス) で行われた米陸軍特殊部隊とベリーズ国軍による訓練、「Fused Response 2014」 の広報写真です。その訓練画像の探求に、下手をすると自分以上に血道を上げている友人から、昨夜こんな連絡がありました。「右端の人の、AVS のハーネスがおかしい。」


  » 続きを読む


Posted by taroybmx  at 00:32Comments(3)装備ODA/CIF

2015年07月17日

マルチカムへのいざない (後編)


さあ、前回の記事では官給品を中心にお送りしましたが、後編ではいよいよ新進気鋭ギアメーカーによる最新マルチカムアイテムをご紹介します。(そんなたいそうなもんではないです) 冒頭の画像はあんまり関係ないですが、記事のテーマである古めアーマーにマルチポーチ的にはたまらん画像ですね。


  » 続きを読む


Posted by taroybmx  at 03:49Comments(0)装備ODA/CIF

2015年07月16日

マルチカムへのいざない (前編)


突然ですが、マルチが大好きです。もちろん洗剤売ったり人間関係を換金したりするアレではなく、Multicam、迷彩パターンの方です。ご存知の通り Multicam は Crye Precision の開発したパターンで、さまざまな地形、気候、天候に対応できる万能迷彩と言われています。米軍では一度は UCP (Universal Camouflage Pattern) に敗れたものの、結局制式採用されて OCP (Operation Enduring Freedom Camouflage Pattern) と呼ばれています。

にわかの自分は初めて買ったまともな戦闘服が PROPPER 社のマルチカム BDU で、そのせいか装備にハマりはじめたころのギアは全てマルチ、思い入れのある迷彩なのです。今ではすっかりいろんな新旧の迷彩装備を楽しんでいますが、最近マルチカム熱が再燃してきています。


  » 続きを読む


Posted by taroybmx  at 00:59Comments(0)装備ODA/CIF

2015年07月15日

SCAR-H な人のファーストライン装備!


今日は SCAR-H な MARSOC 隊員のファーストライン装備を再現してみたいと思います。

ファーストライン装備とは、主に腰回りに付けた必要最低限の戦闘装備のことで、ホルスターとサイドアーム、その弾薬、ファーストエイドキットなどを付けている方が多いです。ベルトもいわゆるパンツベルトだけではなく、MOLLE があしらわれたベルト装備を着用しているケースも見られます。MARSOC 隊員の場合、比較的シンプルな構成のファーストライン装備が多い気がしますね。車両の移動が多いからでしょうか?


  » 続きを読む


Posted by taroybmx  at 00:19Comments(0)装備MARSOC

2015年07月12日

光学機器紹介 (C-MORE Railway 編)


唐突ですが、新しい光学機器がやってきたのでご紹介します。C-MORE Sytems 製 「Railway Red Dot Sight」 です。最近は RTS/STS という Doctor っぽいサイトも作っている同社ですが、やはり C-MORE と言えばこの Railway シリーズですね。今回入手したのは、ポリマーボディの照度調整がクリックスイッチのタイプ。


  » 続きを読む


2015年07月11日

次期公式レンジ決定! ウーパー新横浜に行ってきました


ブルーターゲットクローズにより、流浪の企画となってしまった 「SCAR-H 命中精度カスタム」。前回次の検証パーツを発表したものの、どこで撃ったらいいのやら・・・と思ってネットを徘徊していると、この3月にオープンしたばかりのインドアフィールド、ウーパー新横浜 の情報が!! なんとこのフィールドには40m の射距離を誇るシューティングレンジが備わっているようです。問い合わせの電話してみると、レンジのみの利用も、手製の的を置くことも (他のお客さんの迷惑にならなければ) 可能とのこと。早速行ってきました!


  » 続きを読む


Posted by taroybmx  at 01:08Comments(0)雑記SCAR-H カスタム