2017年09月13日

HK45CT サイト調整失敗!&バレル交換成功!


大大大好き HK45CT ちゃん、先日のオペフリでもセカンダリとして活躍してくれたのですが、やはり弾が狙いより右に飛んでいくのが気になりました。以前屋内レンジで撃った時は、距離が短かったこともあり数センチのズレで着弾していたのですが、広いフィールドのレンジで撃ってみると30m でマンターゲットひとつ分くらいズレてしまいます。そんな遠くからハンドガンで撃つことはあまりないですが、さすがにちょっと気持ち悪いです。弾道を観察してみると、弾は途中で曲がるわけではなく、キレイにまっすぐ飛んで右に着弾している模様。なんだろーと思ってよく見てみると・・・。




フロントサイトめっちゃズレてる・・・。



スライド上部のラインがまっすぐになるように構えてサイトピクチャーを確認すると、明らかにフロントサイトが左に寄ってます。これでは真ん中に来るように狙ったら右に着弾してしまうわけです。



幸いこの HK45CT はフロントサイトが別パーツ、何とかなるかもしれません。というわけで修正にトライ!! まずはスライドを外します。



ここからチャンバーユニットを取り外すのに、前回はめちゃくちゃ難儀したんですが、ブログのコメントで通りすがりさん素晴らしい方法を教えてくださいました。まずは赤丸で囲った部分に注目。



リコイルスプリングを押さえているパーツなんですが、こいつを写真のようにぐっと押し下げてやると・・・



あら不思議! チャンバーユニットごとごっそり外れます。(常識?) 素晴らしい!!



あとはリコイルスプリングガイドを引っ張ってあげれば簡単にバラせます。所要時間は前回の1/10以下。いやー、ブログやってて良かった! 通りすがりさんありがとうございます!



さて、バレルを外したスライドの裏を見ると、小さなイモネジが打ってあります。これでサイトを固定しているようです。



早速外してみると、なんだかイモネジ長くないですか・・・?嫌な予感がしてきます。



恐る恐るフロントサイトを外していきます。結構固くはまっているので、割りばしを当ててプラハンで叩きます。



外れたフロントサイトを見てみると・・・ねじ切ってあるやないかい!! やはりあの長いイモネジはスライドを貫通してフロントサイトまで差さっているようで、調整は不可能でした。イモネジをあきらめて接着剤でくっつけるとかするしかないのか・・・。



見事に失敗に終わったサイト調整ですが、せっかくここまでバラしたので前回断念したインナーバレルの交換を決行します!



これまたブログコメントで、アサルトさんからアドバイスいただいた通り、今回購入したのはマルイ Glock 17用



純正と比べるとホップの切り欠きはやや小さいものの、パッキン用の溝などは寸分たがわない模様。切り欠きの小ささはより高精度に BB 弾を保持できるようにそうなっているのでは?と勝手に推測。



組み込む際もアサルトさんのアドバイス通りに、チャンバーのネジを締める前にホップ凸がきちんと真上に来るよう調節。



出来たー! 真鍮丸出しの純正に比べて渋い銀色でいい感じ。



このカラーに加えて純正より少し短くなったので、アウターバレルから見えにくくなっています



純正では結構銃口から金色のバレルが見えていてイマイチだったんです。本来の目的とは違いますが、これだけでもバレル交換オススメです!

バレルが短くなったことで初速への影響なんかもあるかもしれませんが、追々実射して確認していきたいと思います。フロントサイト調整には失敗しましたが、1勝1敗ということで概ね満足です。サイトは Move さんに何とかしてもらおうっと!







同じカテゴリー(エアガン)の記事画像
HK45CT のサプレッサー&ケース!!
HK45CT 実射&カスタム!!
トレポン流速化!? Move 153カスタム!
SEAL なスコープのマウントリング!
徹底解剖! NBORDE HK416D 粘着レビュー (Part 2)
NBORDE HK416D 盛り付け!
同じカテゴリー(エアガン)の記事
 HK45CT のサプレッサー&ケース!! (2017-08-20 00:54)
 HK45CT 実射&カスタム!! (2017-08-18 00:42)
 トレポン流速化!? Move 153カスタム! (2017-05-31 02:16)
 SEAL なスコープのマウントリング! (2017-03-22 00:15)
 徹底解剖! NBORDE HK416D 粘着レビュー (Part 2) (2017-01-08 02:13)
 NBORDE HK416D 盛り付け! (2017-01-03 00:44)

Posted by taroybmx  at 07:34 │Comments(3)エアガン

この記事へのコメント
2丁買ったのですが、フロントサイトの修正は
1丁はそのままプラ角棒で叩いて修正で出来ました。
2丁めは叩いても治らず、サイトの裏をアルミシムで塞ぎ
イモネジをアウターバレルに干渉しないところまで短くして
セットボルトのような固定にしました。
個体差あるんですよね・・・
あとはチャンバーブロックとフレームの隙間を埋めてあげれば
電動ガンとやりあえますよ。
試射が楽しみですね。
Posted by アサルト at 2017年09月13日 11:50
>アサルトさん
2丁買ったんですねw そして両方ともズレてたんすか・・・。VFCしっかりして欲しいですね。2丁目の修正方法は自分も検討しましたが、イモネジ切るのが大変そうなので躊躇してます。

チャンバー固定、バレル変更の効果を試射してからやってみようと思います。またブログで報告しますね!
Posted by taroybmxtaroybmx at 2017年09月14日 22:37
いつも参考にさせて頂いています!
メープルリーフのクレイジージェットバレル(106m)とオートボットパッキンに、アサルトさんのアルミテープ作戦をsealsレンジで試したところ、絶好調でした!
Posted by 地蔵 at 2017年09月30日 11:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。