2017年08月18日

HK45CT 実射&カスタム!!


先日入手したイカすハンドガン、HK45CT をレンジで試射してきました! ついでにその場でプチカスタムまでやってきましたのでご紹介したいと思います。




行ってきたのは TARGET-1 新宿店。新宿店とは名ばかりの幡ヶ谷にあるシューティングレンジです。そう、このブログでも登場したことがある、秋葉原にある TARGET-1の姉妹店になります。ちなみにここは MMRZ 内最大派閥 (3人) 「ネリマーズ」 の重鎮、TP ちゃんシコの行きつけレンジです。

と、何の得にもならない情報は置いておいて、早速試射。


距離約7m で立射。んー、まとまりはまあまあですが、少し右に寄りますね。実は以前この鉄砲を先に購入していた MMRZ 随一の変態、シコ先輩にお借りして撃ったことがあったのですが、その時は右にスライスする弾道で、自分が買ったら即カスタムしようと思っていたのですが、その時ほど右には行かないようです。



が、スライス弾を見越してあらかじめプチカスタム用のパーツを買っていたので、必要性の有無はともかくいじっていきたいと思います。



まずは通常分解。画像右下のリリースレバーを切り欠きに合わせて抜けばスライドが外れます。ここもガバっぽい保守的な設計。



ここで問題発生。前回の記事を書く際も分解を試みたのですが、チャンバーからリコイルスプリングガイドが外れない!! もともとリコイルスプリングが固いのでやりにくい上に、どんなに力を込めて引っ張っても抜けないのです。ネットで調べたり、YouTubeの分解動画を見てみたりしましたが、普通にスコっと抜けています。なんなんだ・・・。



汗だくになりながら苦闘しましたが、あきらめて精密ドライバーでこじって抜きました。ちょっとキズが入りましたが背に腹は代えられません。



VFC の HK45CT はリコイルスプリングガイドが HOP 調整機能を兼ねていて、半月状になった先っぽがチャンバーに差さって回転することで HOP を調整する仕組みになっています。



というわけでようやくスライド分解完了。スライド、アウターバレル、チャンバー&インナーバレル、リコイルスプリングガイドに分かれます。



チャンバーは小さなネジを2つ外せばバラせます。



分解完了。チャンバー内にはギアがふたつ入っていて、下のギアをリコイルスプリングガイドが回すことでインナーバレルが貫通しているギアに回転が伝わり、ホップ押し (写真真ん中に見える波なみの金属板) が梃子状に動いてパッキンを押す仕組みです。



さて、まず最初はこちら。インナーバレルを交換します。購入したパーツは 「TN パーフェクトバレル」。Move さんが使っているのでなんとなく信用している製品です。何も考えず長さ的に M92F 用をチョイス。



早速交換・・・って全然違いますね。ホップ窓の形状・大きさ、パッキン用の溝などすべてが違います。無理やり取り付けてもろくなことにならないので、このパーツはなかったことにしようと思います。



続いてはこちら! 命中精度カスタムと言えばホップパッキン。FIREFLY の 「うましか」。特にスライス弾のように回転に問題ありそうなときはまずパッキンを疑うらしいので、お高い本製品をチョイス。



マルイハンドガン&VSR10用ですが、今度は純正と同じ形状です。よかった。



特に問題もなくポン付け出来ました。逆の手順で組み戻して試射してみましたが・・・あまり変わりません。スライスというほどではないけど少し右にまとまる感じ。もしかすると弾道が右に行く原因は、チャンバーのパッキン固定部分の精度などが原因かもしれません。

そもそも思ったより弾道が逸れず (撃った人間のウデによるものという可能性も否定しきれず)、サバゲでの近距離戦では問題にならないレベルのズレなので、カスタムまでする必要があったのかはなはだ疑問ですが、新しい銃を分解して仕組みを見るのは楽しいのでおっけーです。相変わらず動きは最高なので、とりあえずはこのままガシガシ使っていきたいと思います!







同じカテゴリー(エアガン)の記事画像
HK45CT サイト調整失敗!&バレル交換成功!
HK45CT のサプレッサー&ケース!!
トレポン流速化!? Move 153カスタム!
SEAL なスコープのマウントリング!
徹底解剖! NBORDE HK416D 粘着レビュー (Part 2)
NBORDE HK416D 盛り付け!
同じカテゴリー(エアガン)の記事
 HK45CT サイト調整失敗!&バレル交換成功! (2017-09-13 07:34)
 HK45CT のサプレッサー&ケース!! (2017-08-20 00:54)
 トレポン流速化!? Move 153カスタム! (2017-05-31 02:16)
 SEAL なスコープのマウントリング! (2017-03-22 00:15)
 徹底解剖! NBORDE HK416D 粘着レビュー (Part 2) (2017-01-08 02:13)
 NBORDE HK416D 盛り付け! (2017-01-03 00:44)

Posted by taroybmx  at 00:42 │Comments(6)エアガン

この記事へのコメント
M92用ではなく、GLOCK用17あたりの長さにすると目立たないです。
切り欠き形状も合います。
最短で19/23用が入ります。これより短いとNGです。
また、HOPパッキン四角突起をチャンバーの角穴に入れても
HOPアームを下げた時にHOPの突起が左右均等に降りてこなければ
NGです。HOPダイヤルが少し効き気味の状態からチャンバーブロック
を少し開いてバレルを回してあげるとHOPパッキンが少し左右に
振れるのでちょうど良い位置で閉じると
45mヘッドショットいけますよ。BB弾は0.25gですけど。
私もCTにうましか中辛仕込んでます。
Posted by アサルト at 2017年08月18日 01:33
分解する時はスプリングガイドの白いバッファー側からではなく
前側のスライドに嵌っているリングごとスプリングを縮めてやり
その状態でアウターバレルとチャンバーブロックを一緒に抜いてやれば簡単に取れますよ
Posted by 通りすがり at 2017年08月18日 01:59
>アサルトさま
おおお、ありがとうございます!バレル買い直そうと思ってるんですが、今度こそちゃんと純正と見比べて買おうと思ってるのに、エアガン屋に行けるタイミングで純正を持ってないというのを2回ほど繰り返したのですごく助かります。

ホップパッキンきちんと組んだらそんなに当たるんですね!自分も頑張ります!
Posted by taroybmxtaroybmx at 2017年08月18日 02:06
>通りすがりさま
これまた有益情報ありがとうございます!バラすたびにドライバーでガリガリやるのかと憂鬱だったところです。早速試してみます!
Posted by taroybmxtaroybmx at 2017年08月18日 02:08
書き忘れました。チャンバーブロックを止めているネジの下の
長方形の面があります。
ここの後端側面(左右両面共)のクリアランスをアルミテープ等で
良いので消してみて下さい。
バレルを組んだ後、チャンバーをフレームに挿し込み、
スライドストップを付けるとがっちりフレームに
固定できることが確認できると思います。
他のGBBと違ってバレルをフレームにガッツリ固定できるので
フレームマウントタイプに載せるオプティカルサイトと
メッチャ相性がいいです。40mヘッドショットはガンガンいけます。
45m超えるとちょっとキツイですが。
Posted by アサルト at 2017年08月18日 19:41
>アサルトさま
またまた耳寄り情報をありがとうございます!
不器用なのでうまくできるかわかりませんが、教えていただいたバレルに交換するときに、一緒にチャレンジしてみます!
Posted by taroybmxtaroybmx at 2017年08月20日 01:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。