2014年07月24日

Magpul AFG2


先日ミリフォト頻出の Grip Pod が欲しくなって買ってしまった記事を書きましたが、Grip Pod 以上に出てくるのが Magpul 社の AFG2。ハンドガード前方を握りこむ、いわゆるコスタ撃ちのために考えられたフォアグリップですが、特殊なみなさまも大好きなようで大量の使用例が見られます。



ブリーチを待つこの方とか


リロード中の方


かなり新しめの写真にも


ギャルに貸してあげてニコニコな方の銃にも

登場しまくっております。ここまで本職のみなさまに使われまくっていると、欲しくなってしまうのが人情でしょう。


というわけでドン! Magpul USA 謹製、Angled Fore Grip 2、略して AFG2 でございます。相変わらず包装がおしゃれですね。


同梱物はシンプル。本体と交換用のフィンガーチャネルなしプレート (正式名称不明)。ちなみにインストールガイドは箱を切り開くと裏に書いてあるのですが、もったいないので切ってません。


単に装着するだけなら真ん中のマイナスネジを外してレイルにスライドすれば OK。その他に3本のトルクスネジがありますが、これは先ほどのフィンガーチャネルなしプレートに交換するときに外します。


トルクスネジ (T15) を外すとこのようにぱっくり御開帳します。開けてみると、樹脂がすごい肉厚なのと、補強が入りまくっているのがわかります。相当頑丈ですね。レイルに入れる際、個体差によって入りにくいときは、このトルクスネジを少し緩めてあげると入りやすくなります。


裏面はこんな感じ。お決まりの Made in USA と製品ロゴ、社名と CAGE コードなんかが刻印されています。ちなみに CAGE コードとは、Commercial And Government Entity Code のことで、要は政府が企業に振った管理コードのようなもの。Magpul Industry の CAGE コードは 「1LX50」、Knight's Armament は 「1S002」、Daniel Defense は 「3E3E2」 などなど。


というわけで完成。自分は左腕をピンと伸ばすコスタ撃ちは苦手なんですが、短い Mk18 だと比較的ゆったり構えられるし、スリングスイベルを一緒に握り込むと PEQ があっても親指の置き場が安定するので結構いいかもです。もともと CQB でのサイティングスピード向上 (とエアガンには関係ないけど反動抑制) を主眼に置いた技術なので、フィールドに応じて普通のグリップと使い分けたらいいのかもしれません。

まあ自分の技術で違いを認識できるかわかりませんが、使い分けてるという事実がかっこいいのでいいのです。







同じカテゴリー(エアガン)の記事画像
HK45CT のサプレッサー&ケース!!
HK45CT 実射&カスタム!!
トレポン流速化!? Move 153カスタム!
SEAL なスコープのマウントリング!
徹底解剖! NBORDE HK416D 粘着レビュー (Part 2)
NBORDE HK416D 盛り付け!
同じカテゴリー(エアガン)の記事
 HK45CT のサプレッサー&ケース!! (2017-08-20 00:54)
 HK45CT 実射&カスタム!! (2017-08-18 00:42)
 トレポン流速化!? Move 153カスタム! (2017-05-31 02:16)
 SEAL なスコープのマウントリング! (2017-03-22 00:15)
 徹底解剖! NBORDE HK416D 粘着レビュー (Part 2) (2017-01-08 02:13)
 NBORDE HK416D 盛り付け! (2017-01-03 00:44)

Posted by taroybmx  at 01:02 │Comments(0)エアガントレポンミリフォト

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。