2017年05月29日

右端の人ついに完結!? PVS-31 ダミーゲット!


右端の人シリーズ最後の難関、最新ナイトビジョンゴーグル、BNVD こと AN/PVS-31。以前いち早くモデルアップされた morizo さんの作品お借りしたりしましたが、春先ごろから噂されていたマスプロ製品がついに発売されたと聞き、早速ゲットしました!




というわけでドーーン!! ARROW DYNAMIC 製 「AN/PVS-31 (ダミー)」 です!! 値段の割に豪華な、ペリカンぽいケースに入ってきます。



高級感のあるケースには社名ロゴ以外に、製品画像&製品名が入っていてステキ。



早速中身を確認。内容物はゴーグル本体バッテリーボックスケーブルの3点。8,000円を切るお値段からは考えられないクオリティ



出ました PVS-31最大の特徴である大股開き! ヘルメット装着時に跳ね上げても高さが出ず、ぶつけたりして破損する事故を防げます。また、この状態ならマウントのアームを下げていても視界を確保できます。



両眼で使用する場合の形態。同じ双眼の PVS-15に比べてだいぶコンパクトですね。ぎゅっと凝縮した感じがたまりません。



片方を挙げた状態で、単眼 NV としても使用可能。暗順応を完全に失うのを嫌って、2眼や4眼が登場してからも単眼 NV を好んで使用する人もいるそうですね。



対物レンズ部。サイレントプロのカスタムレンズとまではいきませんが、ブルーのハーフミラーでかなりそれっぽいです。



バッテリーボックスと NVG をつなぐケーブル。防水コネクタで有名な LEMO 社製のコネクタを再現しています。良く出来てはいるんですが、コイツがのちのち大変なことを引き起こすことになるのです・・・。



気を取り直してバッテリーボックスを見ていきます。NVG も含めた全体に言えることなんですが、しっとりとしたマットな表面で、非常に質感がいいです。よくあるダミー NVG のぺかぺかしたプラスチックとはだいぶ違います。



底部にある IR ビーコンのスイッチ (?) も可動。良く作り込んでありますねー。



天面の手回しネジを外すと、ちゃんと開いて内部にバッテリーを収納可能、実物と同じく単3電池が4本入ります。少しカタカタするので隙間に何か詰めたらカウンターウェイトとして使えそうです。



本体とバッテリーボックスをケーブルで連結! これだけで相当かっこいいです。



で、ヘルメットに装着!! やべえ、ちょうかっこいい!!



ゴーグルのシュー部分はプラ製ですが、Wilcox のマウントにガタ一つなくかっちり装着できます。PVS-15のガタガタプラシューには泣かされたのでこれは嬉しい。

そんなわけで、駆け足でレビューしていきましたが、いかがだったでしょうか?ダミー NVG の中ではそこそこのお値段ですが、質感もよく、可動部分の強度や精度も十分で、めちゃくちゃお買い得だと思います。



最近使用部隊も増え、使い勝手のいい NVG になってきた PVS-31 ですが、自分にとってやっぱりコイツは右端の人の NVG。気軽にゲームに持って行けるマスプロ製品が登場したのはありがたいです。ということで、次回は右端の人装備に組み込んでいきたいと思います! 文中で触れたケーブルの罠も次回明らかに・・・。

To be continued!!







同じカテゴリー(装備)の記事画像
PVS-31 右端の人 Ver. !!
白いパルスの K パネル!
AVS をもっと活用しようセットアップ!
右端の人腰周り装備更新! (AWS Retention Lanyard)
ついにゲット! 右端の人ケミカルライト (Glow Stick)
かっこいいコンシャツ! (Arc’teryx leaf Assault Shirt AR)
同じカテゴリー(装備)の記事
 PVS-31 右端の人 Ver. !! (2017-05-30 02:57)
 白いパルスの K パネル! (2017-04-15 00:53)
 AVS をもっと活用しようセットアップ! (2017-03-23 01:20)
 右端の人腰周り装備更新! (AWS Retention Lanyard) (2017-01-16 00:53)
 ついにゲット! 右端の人ケミカルライト (Glow Stick) (2016-12-06 00:38)
 かっこいいコンシャツ! (Arc’teryx leaf Assault Shirt AR) (2016-12-04 00:23)

Posted by taroybmx  at 00:21 │Comments(0)装備ODA/CIF光学機器/ライト

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。