2015年10月19日

Peltor COMTAC Dual Comm がやってきた!


「Invisio M3s (10pin)」 と並んで憧れだったヘッドセット、Peltor 製 「COMTAC 1」 をゲットしました! しかも2台のラジオを接続できるデュアル仕様。M3s の10pin に比べるとまだ出モノはあるし、お値段もまあ実物ヘッドセットとしては普通なんですが、今までなんとなく敬遠してました。



というのもやっぱり合わせる装備。COMTAC 1は4軍すべての特殊部隊で使用例があり、こんな感じで MARSOC とかでもいけそうなんですが・・・


やはりデルタの印象が強いですよね。あとは Mark Owen 氏 (つまり DEVGRU) の昔の写真とかで出てきたり、個人的にハードルが高い印象です。


でもやっぱりかっこいいんです。決め手はこの写真。HSGI のショルダーパッド購入時にも参考にしたこの写真が大好きなんですが、他は結構新しめの装備なのにヘッドセットは COMTAC 1なんですよねー。


というわけでドーン! MMRZ 所属、口の悪い MARSOC こと TP さん (それ、MARSOC使ってますか?) と物々交換 (予定) でゲットしました。


外見を特徴づけている電池ボックス。ここにメタルブームマイクを付けてる TCI Liberator もよく使用例があります。


タグはこんな感じ。枝番の18が変わると、マイク付じゃなかったりするみたいです。


そのマイク。後継の COMTAC 2や COMTAC 3 と同じで、ヘッドバンド側に取り付けポストが付いていて、左右の入れ替えが可能。


よってマイク端子も左右両方のハウジングに付いてます。


電池ボックスはマイナスネジで開きます。大き目のマイナスですが、コインは微妙に入らないので、開けるにはドライバーとかナイフの背とかが必要です。


駆動は単3乾電池2本。後継機が単4なのに加え左右に1本づつ入れるのに比べ、重い電池を片方に2本入れるのでバランスが悪いです。


スイッチは電池ボックスと反対の右ハウジングに。2つのボリュームスイッチを同時に押すと電源ON-OFFというオペレーションは他機種と同様。集音機能騒音カット機能もバッチリでした。


イヤーパッドは普通のスポンジのやつ。自分が持っているイヤマフタイプのヘッドセットはすべてゲルパッドに換装しているので、それに比べると付け心地はイマイチですが、COMTAC 1にはオプションがないのか、ゲルパッドにしてる写真を見つけられませんでした。

遠目だと区別のつかない (自分だけ?) COM2&3と違って一目でわかるシェイプ、4世代に渡って米軍で使用されているヘッドセットの初代Tier 1 オペレーターの使用例ありまくりと、物欲刺激されまくりだったものの、合わせる装備のハードルの高さから今まで遠慮してた COMTAC 1ですが、最近鉄砲は気にしないでいっちゃってるので、こっちも気にしないことにしました。何よりかっこいいので OK です。


おまけ:

我が家のヘッドセットを棚卸してみました。COM3と SORDIN が2つずつあるのが狂ってますね。人間の耳は2つしかないというのを学ぶ必要がありそうです。







同じカテゴリー(装備)の記事画像
例の部隊の冬支度! (Beyond Cold Fusion Jacket)
PVS-31 右端の人 Ver. !!
右端の人ついに完結!? PVS-31 ダミーゲット!
白いパルスの K パネル!
AVS をもっと活用しようセットアップ!
右端の人腰周り装備更新! (AWS Retention Lanyard)
同じカテゴリー(装備)の記事
 例の部隊の冬支度! (Beyond Cold Fusion Jacket) (2018-01-11 04:01)
 PVS-31 右端の人 Ver. !! (2017-05-30 02:57)
 右端の人ついに完結!? PVS-31 ダミーゲット! (2017-05-29 00:21)
 白いパルスの K パネル! (2017-04-15 00:53)
 AVS をもっと活用しようセットアップ! (2017-03-23 01:20)
 右端の人腰周り装備更新! (AWS Retention Lanyard) (2017-01-16 00:53)

Posted by taroybmx  at 00:54 │Comments(0)装備

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。