2015年07月09日

次世代 SCAR-H 命中精度カスタム!! (Magnus HD バレル+α編)


前回のテストで、単体でも十分な命中精度向上効果のあった、ORGA Airsoft 製 「Magnus HD バレル」 ですが、もともとこのバレルには 「長掛けホップ」 が推奨されていて、そのためのギミックが最初から盛り込まれています。そんなわけで、今回は Magnus HD バレルに加えて他のパーツを組み合わせてテストしていきたいと思います。



まずはこちら、「どんぴしゃ Jr」 から! ホップ押しゴムという小さいパーツながら、素晴らしい効果を発揮したカスタムパーツです。長掛けホップ用押しゴムと言えば 「電気なまず」 が有名ですが、その進化版ともいえる工夫が凝らされているこのパーツ、どんな効果があるか楽しみです。


写真ではわかりにくいかもしれませんが、Magnus HD バレルはホップパッキンを90度横にして装着することが可能で、それにより純正パッキンのホップ凸を使わず、長掛けホップに適したスリックパッキンとして使用できます。


純正バレルに合わせてカットしてあるどんぴしゃ Jr をインストールして、いざ計測!

まずは初速から。

SCAR-H メカボ改 初速 (10回計測)
平均最高最低
ノーマル82.99m/s83.53m/s82.42m/s1.11m/s
でんでんむし83.55m/s84.18m/s82.99m/s1.19m/s
どんぴしゃ Jr82.02m/s83.13m/s81.92m/s1.21m/s
Magnus HD83.97m/s84.36m/s83.53m/s0.83m/s
Mag+どんJr83.01m/s83.78m/s82.81m/s0.97m/s

どんぴしゃ単体の時にも見られましたが、長掛けによる抜弾抵抗の増加のせいか、若干初速が落ちています。とはいえ全然許容範囲、バレル単体同様安定しています。

続いてグルーピング

Rd1Rd2Rd3Rd4Rd5平均
ノーマル121mm123mm168mm93mm107mm122.4mm
でんでんむし62mm121mm94mm66mm99mm88.4mm
参式+でん81mm87mm77mm81mm68mm78.8mm
どんぴしゃ Jr74mm73mm56mm91mm102mm79.2mm
参式+どんJr141mm191mm120mm110mmN/AN/A
Magnus HD92mm103mm81mm84mm90mm90.00mm
Mag+どんJr72mm69mm82mm64mm93mm76.00mm

来ました平均76mm!! 今までの最高記録、参式滑空銃身+でんでんむしの記録を抜いて首位に躍り出ました。やはり Magnus HD バレルは、ORGA さんの推奨する通り長掛けホップでその真価を発揮するのかもしれません。それにしても直径76mm のグルーピングというのは、面積で言うとタバコの箱と同じくらい、理論的にはそれを20m 離れて必中出来る精度ということです。

感動すら覚える結果でしたが、さらなる精度を求めてパーツを追加してみます。


参式滑空銃身と組み合わせて驚異的な結果を出した給弾ノズル、「でんでんむし」 です。


給弾ノズルは装着するのにメカボックスまでバラさないといけないので面倒ですが、これまでのテストでは十分その価値のあるパーツでした。


1mm 長いノズルと、チャンバー内で BB 弾を安定させる特殊な形状の先端が、さらなる精度向上を生むのでしょうか?レッツ計測!

まずは初速から。

SCAR-H メカボ改 初速 (10回計測)
平均最高最低
ノーマル82.99m/s83.53m/s82.42m/s1.11m/s
でんでんむし83.55m/s84.18m/s82.99m/s1.19m/s
どんぴしゃ Jr82.02m/s83.13m/s81.92m/s1.21m/s
Magnus HD83.97m/s84.36m/s83.53m/s0.83m/s
Mag+どんJr83.01m/s83.78m/s82.81m/s0.97m/s
Mag+どんJr+でん81.96m/s82.36m/s81.54m/s0.82m/s

ん?Magnus HD+どんぴしゃよりさらに初速が落ちてしまいました。まあ誤差の範囲ですが、もしかするとルーズバレルに合わせて交換したバネがなじんできたのかもしれません。(各テストの間では、試射やホップ調整のため2マガジンほど撃っています)

続いてグルーピング

Rd1Rd2Rd3Rd4Rd5平均
ノーマル121mm123mm168mm93mm107mm122.4mm
でんでんむし62mm121mm94mm66mm99mm88.4mm
参式+でん81mm87mm77mm81mm68mm78.8mm
どんぴしゃ Jr74mm73mm56mm91mm102mm79.2mm
参式+どんJr141mm191mm120mm110mmN/AN/A
Magnus HD92mm103mm81mm84mm90mm90.00mm
Mag+どんJr72mm69mm82mm64mm93mm76.00mm
Mag+どんJr+でん65mm77mm82mm76mm80mm76.00mm

なんとでんでんむし装着前と全く同じ76mm! 素晴らしい結果に変わりはありませんが、参式滑空銃身に追加した時のような劇的な効果は見られませんでした。あえて言うなら、いちばん散った時でも82mm と、でんでんむしを加える前に比べて10mm も小さなグループになっていて、さらに安定したと言えるかもしれません。

いろんなパーツをテストするうち、実はこの安定性が一番重要なんじゃないかと思っています。10発に1発大きく外れるけどその他は10cm にまとまる鉄砲と、何発撃っても必ず15cm にまとまる鉄砲があったとして、自分なら後者を選びます。(まあ 「必ず」 なんてのはありえませんが) みなさんも鉄砲をいじってみる際、初速やグルーピングの 「安定性」 を評価してみると面白いですよ!


さあ、これで6月30日をもってクローズしてしまったブルーターゲットさんで行ったテストは全て記事にしてしまいました。


この検証を始める前からお世話になっていて、たくさん楽しませていただきました。鉄砲が組みあがるとまずお邪魔させていただいたものです。約1年と短い間でしたが、ありがとうございました!

後継公式レンジが未定なため、次いつ検証できるかわかりませんが、一応次回検証するカスタムパーツをご紹介・・・こちら!







同じカテゴリー(エアガン)の記事画像
トレポン流速化!? Move 153カスタム!
SEAL なスコープのマウントリング!
徹底解剖! NBORDE HK416D 粘着レビュー (Part 2)
NBORDE HK416D 盛り付け!
徹底解剖! NBORDE HK416D 粘着レビュー (Part 1)
NBORDE HK416D Debut!!!
同じカテゴリー(エアガン)の記事
 トレポン流速化!? Move 153カスタム! (2017-05-31 02:16)
 SEAL なスコープのマウントリング! (2017-03-22 00:15)
 徹底解剖! NBORDE HK416D 粘着レビュー (Part 2) (2017-01-08 02:13)
 NBORDE HK416D 盛り付け! (2017-01-03 00:44)
 徹底解剖! NBORDE HK416D 粘着レビュー (Part 1) (2016-12-31 01:33)
 NBORDE HK416D Debut!!! (2016-12-29 02:49)

Posted by taroybmx  at 00:31 │Comments(0)エアガンSCAR-H カスタム

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。