2015年06月02日

右端の人無線機再現! (謎のアクセサリ編その2)


右端の人無線機再現・謎のアクセサリ編、前回お買いもの完了までお伝えしましたので、いよいよ工作に突入です! いつもにもまして地味ですよ、お覚悟はよろしくって?



今回は今まで箱っぽいものを作るのにお世話になってきたモールドケースを使わず、プラ板を組み立てて作ってみます。まずは写真から (適当に) 割り出した32mm 幅の板を切り出します。


最初にラジオにくっつく部分を作ります。なぜなら一番簡単だから! 先ほどの幅32mm の板から長さ70mm でカット。


ラジオへの取り付けですが、接着だともげそうですので、別パーツになっているサイドコネクタと一緒にネジ止めすることにしました。


先ほど切り出した32x70mm の板の真ん中に、サイドコネクタパーツの穴に合わせて印を付けて・・・


2mm のドリルで穴あけ。


出来ました。位置もずれてなさそう。


試しにネジで装着してみます。うん、ばっちり。


と思ったら、ラジオ側面が曲線になっているため、プラ板も曲がって付いてしまいました。これは本体をくっつけるのが難しそう・・・。


見なかったことにして、次は謎アクセサリからぶら下がっているケーブルを作っていきます。こちらは同軸ケーブル用のコネクタで、普通の F 型コネクタより小さい MCX という規格。


写真っぽい太さの同軸ケーブルをいい感じの長さにカット。(どんどん説明が適当になる)


このケーブルは (というかこの謎アクセサリ全体が) 単なる飾りなので結線する必要もないのですが、ちゃんと被覆を剥いて取り付ける A 型なわたくし。


圧着して出来上がり。この圧着痕が、横から見た画像によく似ている気がします。


いかがでしょう?


さて、お次はぶら下がっている方のコネクタとフェライトコアを付けていきます。フェライトコアもコネクタも秋葉原のオーディオ部品屋さんで購入。


まずは塗装。タミヤのセミグロスブラックです。


いい感じに塗れました。取り付けていきます。


几帳面な A 型ですが、そもそもこのコネクタは同軸用ではないので結線できません。なので差して圧着しただけ。


ケーブル完成! なかなかいい出来です。本当はコネクタをもっと写真に近いのにしたかったのですが、1個8,000円でしかも受注生産とかだったのでやめました。


続いてこのケーブルを接続するための、アクセサリ底面部を作ります。ここはケーブルが常にぶら下がって力がかかりそうなので、同じ大きさで2枚切り出して貼り合わせます。


とある理由で角を取って、ドリルでコネクタ用の穴を開けます。


コネクタを付けてみました。うん、いい感じ。


この部分は何色かわからないのですが、とりあえずセミグロスブラックで塗っておきます。


完成。

20枚以上の写真を費やし、ようやくケーブルと箱の部品2つを作り上げました。なんという地味ブログ!! ニーズがあるか全くわからないまま、次回いよいよ本体の組み立て編です!

To be continued!!







同じカテゴリー(装備)の記事画像
AVS をもっと活用しようセットアップ!
右端の人腰周り装備更新! (AWS Retention Lanyard)
ついにゲット! 右端の人ケミカルライト (Glow Stick)
かっこいいコンシャツ! (Arc’teryx leaf Assault Shirt AR)
PIG FDT Alpha Gloves
未来装備 AN/PSQ-20B!! (後編)
同じカテゴリー(装備)の記事
 AVS をもっと活用しようセットアップ! (2017-03-23 01:20)
 右端の人腰周り装備更新! (AWS Retention Lanyard) (2017-01-16 00:53)
 ついにゲット! 右端の人ケミカルライト (Glow Stick) (2016-12-06 00:38)
 かっこいいコンシャツ! (Arc’teryx leaf Assault Shirt AR) (2016-12-04 00:23)
 PIG FDT Alpha Gloves (2016-09-26 00:28)
 未来装備 AN/PSQ-20B!! (後編) (2016-08-28 00:45)

Posted by taroybmx  at 01:00 │Comments(0)装備ODA/CIF

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。