2015年05月30日

巨大ペリカン襲来!!


ものすごく大きな鳥に襲われたわけではありません。(挨拶)

自分は鉄砲が増えすぎて部屋に置けなくなり、ついには大きすぎて使いにくいペリカンケース (1720) をベランダに出して外置きにしているんですが、最近は装備が溢れかえってきてしまいました。家族の規制は鉄砲 (目につくところに置いてはいけない) よりやや緩いものの、さすがに気まずい雰囲気。そこで鉄砲の例にならって装備も外置きすべく、ペリカンケースを購入してみました。購入したのは沖縄の米軍放出品で有名な Discovery58さん



ドーン・・・って、で、でかい!!!
比較に置いた M4もすっぽり入ってしまいそうな大きさです。


こちらは1690というモデル。放出品のせいかなかなか使い込まれていていい味です。ちなみにフタのラッチは正面3個、左右に2個ずつ、合計7個も付いています。開け閉め大変。


一応キャスターが付いていますが、荷物を満載したこいつを人力で運べる気がしません


一応キャリングハンドルが付いていますが、荷物を満載したこいつだと簡単にへし折ってくれそうです


ペリカンケースはフタの全周に O リングが入っていて、完全防水・防湿を実現しています。届いたときにはその O リングが入っていなかったので、Discovery さんにご連絡したところ、速攻で送ってくださいました。


フタの溝にパッキンが入り、本体の出っ張りとがっちりかみ合って、水に浮かべてフロート代わりになるほどの気密を保ちます。このパッキンは補修部品として別売りもされているので、経年劣化しても安心です。


以前 MP7用のケースとして購入した1500と大きさ比較。大人と子供どころか、赤ちゃんとお相撲さんくらい違います。


荷物を詰めてみました。素晴らしいのはプレキャリが縦に入るところ。ショートカービンなら鉄砲も入りそうです。この状態で入っているのは、プレキャリ6着 (MBSS/6094/MBAV/LV-MBAV/JPCx2)、RRVチェストリグソフトアーマーMLCS 装備満載のトラフィックコーンバッグブリーチャーボルトカッター2本。これでクローゼットの中やタンスの上にあふれていた装備がすべて収納できました。


あの巨大な1720も小さく見える・・・。ペリカンケースによる外置きは便利ですが、さすがにこれ以上増えるとマンションから怒られそうです。当面はこのスペースから溢れないよう気をつけたいと思います。

ギアログレポート右端の人無線アクセサリーの制作過程をお伝えすると書きましたが、写真を整理してみたらとんでもない大作 (無駄に長いという意味で) になってしまいそうなので、ギアログ疲れの残る今日は軽めのネタをお送りしました。来週がんばります!


告知!!!
本日2015年5月30日 (土)、Nakano F にて開催されるミリタリーアイテム物販イベント 「SOF in Nakano」 にて、愉快全快エアガン TV の収録が行われます! なんと今回はあの魔肖fujiwara 氏をゲストに迎えお送りする予定。中野と言えばみんな大好き WARRIORS を始め、多くのミリタリーショップが軒を連ねる聖地、巡礼ついでにぜひお立ち寄りください! 収録開始時刻はこのタイミングで未だ未定ですが、おそらく夕方4時くらいになると思われます。ゆるい告知で大変恐縮ですが、見どころいっぱいの SOF in での収録ですので、出展各ブースを眺めつつ開始をお待ちいただくのがよろしいかと。
よろしくお願いいたします!!






同じカテゴリー(装備)の記事画像
PVS-31 右端の人 Ver. !!
右端の人ついに完結!? PVS-31 ダミーゲット!
白いパルスの K パネル!
AVS をもっと活用しようセットアップ!
右端の人腰周り装備更新! (AWS Retention Lanyard)
ついにゲット! 右端の人ケミカルライト (Glow Stick)
同じカテゴリー(装備)の記事
 PVS-31 右端の人 Ver. !! (2017-05-30 02:57)
 右端の人ついに完結!? PVS-31 ダミーゲット! (2017-05-29 00:21)
 白いパルスの K パネル! (2017-04-15 00:53)
 AVS をもっと活用しようセットアップ! (2017-03-23 01:20)
 右端の人腰周り装備更新! (AWS Retention Lanyard) (2017-01-16 00:53)
 ついにゲット! 右端の人ケミカルライト (Glow Stick) (2016-12-06 00:38)

Posted by taroybmx  at 00:45 │Comments(0)装備

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。