2015年05月23日

右端の人のパッチ!!


何度 「ほぼ完成」 を宣言したかわからない右端の人装備再現。気になってはいたけど自分ではどうしようもない部分が、ついに解決しました!!

特殊部隊装備において完成度を大きく左右する小物、それはパッチ。部隊パッチやコールサインパッチ、モラルパッチからジョークパッチまで、隊員のみなさまは実にいろいろなパッチをつけています。その反面パッチは部隊や隊員がメーカーに直接作ってもらっているケースも多く、レプリカのないパッチは再現に苦労します。



さて、右端の人はどんなパッチをつけているんでしょうか?まずはコールサインパッチ、赤枠の中をご覧ください。「CF01」 というコールサインの IR パッチですね。いろいろ探したんですが、4ケタのコールサインパッチというのはなかなかなく、さらには都合よく右端の人のサインのパッチなど見つかるわけがありません。よし、無ければ作ってしまえばいいのです! が、自分にはパッチを作る技術などないので・・・


ドーーーン!! タクティカルパッチ制作で超有名な、T.P. LABO さまに制作していただきました!! 例の写真を送りつけて 「これとおんなじのお願いします!」 的なムチャぶりにも関わらず、快く制作を引き受けてくださいました。


ひとつひとつ小袋に封入され、ロゴの入ったステッカーが貼られています。製品への誇りと愛情が感じられますね。


じゃん! 素晴らしいクオリティ!! 色といい字体といいまさにイメージ通り。


精密なレーザーカットと、実物 IR 反射素材の質感がたまりません。自分の指定は、「コヨーテブラウンの IR パッチで、大きさはコンシャツの腕ポケフラップと同じ」 くらいの適当な感じだったんですが、送った写真を見てカラーサイズ書体など可能な限り再現してくださいました。T.P. LABO さま、ありがとうございました!


続いてのパッチはこちら。左腕の見える画像で確認できる、グリーンベレーのシンボルとも言えるスカル&アローのパッチです。実はこれも T.P. LABO さまにご相談した際ヒントをいただき発見しました。


ドン!! AWS"NOUS DEFIONS" パッチです。このパッチは1983年のグレナダ侵攻、"OPERATION URGENT FURY" に合わせて制作されたものがオリジナルだそうです。そんな由緒あるパッチをさりげなくつけている右端の人、渋すぎます!


ちょっと崩れた骸骨の表情がまさに写真のイメージ通り。刺繍のクオリティもかなりのものです。


が、で・・・でかい!! 写真を見ると、腕ポケットのベルクロが上下左右1cm くらい余る大きさなんですが、こちらはほぼぴったり同じ大きさ。サイトを見てみると、4" x 4" というサイズが書いてあるのはもちろん、「オリジナルより少し大きめサイズで復刻したよ! 腕ポケのベルクロにぴったりのサイズ!」 てなことがちゃんと書いてありました・・・。

ドクロパッチの方は残念ながら完全再現とはなりませんでしたが、コールサインの方はめちゃくちゃかっこいいものを作っていただけました。しかもギアログ直前のこのタイミング、間に合って本当にうれしいです!! T.P. LABO さま、改めてありがとうございます!

さあ、日付変わっていよいよ明日はギアログテトラ!!
めちゃくちゃ楽しみなんですが、先日より挑戦している右端の人無線機再現現時点でまだできておりません!! 果たして間に合うのでしょうか・・・。







同じカテゴリー(装備)の記事画像
PVS-31 右端の人 Ver. !!
右端の人ついに完結!? PVS-31 ダミーゲット!
白いパルスの K パネル!
AVS をもっと活用しようセットアップ!
右端の人腰周り装備更新! (AWS Retention Lanyard)
ついにゲット! 右端の人ケミカルライト (Glow Stick)
同じカテゴリー(装備)の記事
 PVS-31 右端の人 Ver. !! (2017-05-30 02:57)
 右端の人ついに完結!? PVS-31 ダミーゲット! (2017-05-29 00:21)
 白いパルスの K パネル! (2017-04-15 00:53)
 AVS をもっと活用しようセットアップ! (2017-03-23 01:20)
 右端の人腰周り装備更新! (AWS Retention Lanyard) (2017-01-16 00:53)
 ついにゲット! 右端の人ケミカルライト (Glow Stick) (2016-12-06 00:38)

Posted by taroybmx  at 04:29 │Comments(0)装備ODA/CIF

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。