2015年04月22日

右端の人鉄砲再現 その3 (LA-5 & リモートスイッチ編)


どんどん行きます右端の人鉄砲再現! 今日はウェポンライト WMX200 のリモートスイッチ取り付けと、それに関わる LA-5 レプリカのカスタムをやっていきます。

この方、装備でも他でなかなか見かけないコダワリを見せているのですが、鉄砲でもひとつ変なことをやっています。



その変なことのよくわかる写真がこちら。左手にマズルを下にして持った MK18が見えていますが、レーザーモジュール、LA-5に注目してください。


LA-5の上面に、ライトのリモートスイッチが貼りついているのがわかるでしょうか?


さらに寄ってみると、LA-5上面が黒くなっているのがわかります。この人は、Insight 純正のデュアルスイッチを使わず、PEQ のスイッチのそばにベルクロでライトのスイッチを貼りつけることで、手作りデュアルスイッチ?にしているのです。なんでだ


彼のコダワリの理由に悩んでいてもしょうがないので、早速真似していきます。まずは LA-5上面に合わせて適当なサイズにベルクロをカットします。が、このまま貼ると実物ベルクロの超強力粘着テープで、元に戻すときステッカーとかがはがれたりするかもしれません。


そこで使用するのがこちら。3M スコッチ製 「はってはがせる両面テープ」 です。


これをベルクロの粘着面に貼りつけて、実際に LA-5に貼るのはこちらのテープになるようにします。端の方に1mm ほどベルクロ粘着面を残して、使用中にまくれ上がるのを防ぎます。


写真を見ながらレプ LA-5にぺたり。ってこれ、レーザーの光軸調整にめちゃかぶりじゃないですか。エアソフターな自分はいいとして、本職さんの彼は大丈夫なんでしょうか?


そして Mk18に装着、ライトとリモートスイッチも付けていきます。


うん、写真通りになりました。


このタイプは初めてなんですが、光学機器やヘッドセットなどにベルクロを貼りつけてカスタムしている本職さんは結構見かけます。ずっとそのカスタムで行くならいいですが、装備によって変えたい場合は実ベルクロの粘着力は脅威です。貼りつける機器のステッカーや塗装を保護するのになかなかいい手法なんじゃないでしょうか?


おまけ:
ベルクロはクリアファイルを切って作ったケースに入れておけば、粘着面に埃などが付着するのを防げます。







同じカテゴリー(エアガン)の記事画像
HK45CT サイト調整失敗!&バレル交換成功!
HK45CT のサプレッサー&ケース!!
HK45CT 実射&カスタム!!
トレポン流速化!? Move 153カスタム!
SEAL なスコープのマウントリング!
徹底解剖! NBORDE HK416D 粘着レビュー (Part 2)
同じカテゴリー(エアガン)の記事
 HK45CT サイト調整失敗!&バレル交換成功! (2017-09-13 07:34)
 HK45CT のサプレッサー&ケース!! (2017-08-20 00:54)
 HK45CT 実射&カスタム!! (2017-08-18 00:42)
 トレポン流速化!? Move 153カスタム! (2017-05-31 02:16)
 SEAL なスコープのマウントリング! (2017-03-22 00:15)
 徹底解剖! NBORDE HK416D 粘着レビュー (Part 2) (2017-01-08 02:13)

Posted by taroybmx  at 01:17 │Comments(1)エアガントレポン

この記事へのコメント
突然すみません。
このLA-5は実物ですよね…
Posted by てんちむ at 2015年11月01日 23:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。