2015年04月21日

右端の人鉄砲再現 その2 (リアサイト編)


右端の人鉄砲再現第2弾。本日は、ゲームではほとんど使わない上、今使っているサイトがお気に入りだったがゆえに、今までほとんど気にしていなかった、リアのアイアンサイトをいじっていこうと思います。



今使っているサイトは、A.R.M.S. Inc 製の40L-SP です。マウントなどの A.R.M.S. 製品は実はあんまり好きではないのですが、このサイトはかっこいいので気に入っています。そしてこれはこれで使用例も多くみられるのですが、右端の人が使っているのはどうもこれではなさそうです。


数枚ある右端の人写真の中で、一番 BUIS が確認しやすいのがこちら。右側の人が右端の人なんですが (ややこしい)、膝に抱えて持っている鉄砲の上面がよく見えます。


拡大。点滴のチューブが邪魔で全体像が分かりにくいのですが、なんとなく見たことあるようなシェイプですね・・・。


角度を変えて、輪郭を赤線で強調してみると・・・。おそらく TROY Industries 社のサイト、「Folding Battle Sight」ではないでしょうか?


というわけでドン! なんかやたら無駄の多いパッケージです。おそらくフロントとセットのパッケージと大きさを揃えてあるのでしょう。


BUIS は、Magpul から始まって KACMatech などを使ってきましたが、TROY 製品はあまり形が好きじゃなくて食指が伸びませんでした。でも右端の人が使ってるのでしょうがないです。


起立! 立てる時は特にロックはかかっておらず、適正な位置でカチッと止まります。戻すときはマウント脇のボタンを押して倒します。


ピープホール型のサイトは大小切り替えが出来、近距離と遠距離で使い分けます。


早速装着。まずは現行の 40L-SP を外します。ごめんね、ほんとはきみの方が好きなんだよ。


でもって TROY サイト装着! あれ?なんかかっこいいぞ?ちょっと黒すぎて周りから浮いてますけど、角ばった武骨なデザインがステキです。


うん、上から見ると写真と一致していると思います。真っ白なロゴが目立ってますが、写真にもうっすらと見える気がするので、使っているうちにスレて薄くなるんでしょうか?

素性さえわかってみれば買ってきて付けるだけのかんたんカスタム。リアサイトは使わないくせになかなかいいお値段するので、もともと好きでもないものを購入するのはちょっとアレでしたが、付けてみればかっこよかったので満足です。これでまた右端の人鉄砲に一歩近づけましたし。

さあ右端の人鉄砲再現シリーズ、まだまだ続きます。
To be continued!!







同じカテゴリー(エアガン)の記事画像
SEAL なスコープのマウントリング!
徹底解剖! NBORDE HK416D 粘着レビュー (Part 2)
NBORDE HK416D 盛り付け!
徹底解剖! NBORDE HK416D 粘着レビュー (Part 1)
NBORDE HK416D Debut!!!
HK416をがんばる Part.5 (AAC Blackout 51T Flash Hider)
同じカテゴリー(エアガン)の記事
 SEAL なスコープのマウントリング! (2017-03-22 00:15)
 徹底解剖! NBORDE HK416D 粘着レビュー (Part 2) (2017-01-08 02:13)
 NBORDE HK416D 盛り付け! (2017-01-03 00:44)
 徹底解剖! NBORDE HK416D 粘着レビュー (Part 1) (2016-12-31 01:33)
 NBORDE HK416D Debut!!! (2016-12-29 02:49)
 HK416をがんばる Part.5 (AAC Blackout 51T Flash Hider) (2016-10-30 01:28)

Posted by taroybmx  at 07:54 │Comments(0)エアガントレポン

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。