2015年04月20日

右端の人鉄砲再現! (フォアグリップ&ストック編)


ヘルメットカスタムでひと段落した右端の人装備、いよいよ鉄砲の再現に着手します!

装備に関しては偏執的に一生懸命再現してきましたが、鉄砲は同じ Mk18 Mod1で、かつ光学ライトも同じだったので良しとしてきましたが、よくよく見てみるといろいろ違っているところがあります。難しいところもあると思いますが、できる限り近づけていきたいと思います。



はい、いつもの写真です。右端の人が写っている写真は何枚かありますが、鉄砲の全体像がわかりやすいのがこの写真。


寄ってみました。まずわかりやすいのはフォアグリップMagpulAFG ですね。


色が違いますが、自分も持っているので付けてみました。が、よく見ると大きさが違うようです。同じ位置、AFG先端から前方に2.5コマレールが残るように取り付けると、レールの後ろに5.5コマ残っています。


ところが写真を見ると、レールの後ろには3.5コマしか残っていません。自分の AFG は新型の AFG2なのですが、右端の人が使っているのは初代の AFG ではないでしょうか?


というわけでドン! Magpul 謹製の初代 AFG (Angled Fore Grip) です! 色もちゃんと黒。「それ、MARSOC使ってますか?」 でおなじみの TP さんに譲っていただきました。TP さんありがとうございます!


比べてみると、1と2ではだいぶ大きさが違いますね。


長さも違いますが、先端がレールを包むように膨らんでいて、かなりボリューム感が違います。


さっそく装着。位置も写真と合わせます。


バッチリ残り3.5コマ! やはり右端の人の使っていたのは初代 AFG だったようです。


さて、続いてはストックです。一見してこれも Magpul のストックであることはわかるのですが、写真で見えてる部分のシルエットがほとんど同じ CTR ストックMOE ストックで迷うところです。まあ順当に考えれば CTR だと思いますが、この方の再現にはそんな憶測は許されません


先ほどの写真の赤丸部分をご覧ください。「A フレーム」 と呼ばれる Magpul ストック特有のシェイプの内側に、少し出っ張っている部分があります。


これは MOE ストックの写真ですが、先ほどの出っ張りがありません。MOE ストックは CTR からロック機構を省いた製品ですが、実はこの部分にある QD スリングアダプターも省略されているのです。


というわけでドーン! CTR ストックも持っているんですが、色がこれまた FDE なので、黒も買いました。この方の再現には色違いなど言語道断


先述の QD スリングアダプター部分。斜めから見ると写真と同じシェイプに見えるのがわかります。


というわけでストックも装着。目立つ部分が2ついっぺんに変わったので、かなり全体の印象が変わりました。特にストックはオーソドックスな SOPMOD ストックからの交換なので、最新感が増したような気がします。

さて、大きな部品を交換したので、シルエットはだいぶ右端の人の鉄砲に近づきました。次回以降、他の写真も見ながら、細かいところに突っ込んでいきたいと思います。

To be continued!!






同じカテゴリー(エアガン)の記事画像
HK45CT サイト調整失敗!&バレル交換成功!
HK45CT のサプレッサー&ケース!!
HK45CT 実射&カスタム!!
トレポン流速化!? Move 153カスタム!
SEAL なスコープのマウントリング!
徹底解剖! NBORDE HK416D 粘着レビュー (Part 2)
同じカテゴリー(エアガン)の記事
 HK45CT サイト調整失敗!&バレル交換成功! (2017-09-13 07:34)
 HK45CT のサプレッサー&ケース!! (2017-08-20 00:54)
 HK45CT 実射&カスタム!! (2017-08-18 00:42)
 トレポン流速化!? Move 153カスタム! (2017-05-31 02:16)
 SEAL なスコープのマウントリング! (2017-03-22 00:15)
 徹底解剖! NBORDE HK416D 粘着レビュー (Part 2) (2017-01-08 02:13)

Posted by taroybmx  at 02:12 │Comments(0)エアガントレポン

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。