2015年04月06日

光学機器紹介 (EoTech 553 編)


かなーり今さらですが、EoTech のホロサイト、553を購入しました。載せる鉄砲がないからという理由で全快さんに ACOG をお譲りしたばかりなのに、また増やしてしまいました。でも今回は衝動買いではなく、ちゃんとした目的があるので OK です。

たびたびこのブログでもお伝えしている 「ちょい前 SEAL 装備」 ですが、せっかく手に入れた LBT-6094AAOR1 コンバットシャツ&パンツの出番がないので、それらを活用できる 「ほんのちょい前 SEAL」 もやってみようと思っています。自分の Mk18 Mod1 は、右端の人向けに作った最新仕様なので、「ほんのちょい前 SEAL」 用に、少し古めの仕様にもできるよう553が必要だったのです! (狂)



というわけでドン! かなり使い込まれた中古品です。


外装はかなりスレてます。いい味。


右サイド。エレベーション&ウィンデージ調整ダイヤルがあります。


左サイド。つるつるですね。民生品だと社名の刻印がある場所に何もありません。A.R.M.S.製のマウントを内蔵していて、軽い力でガタなく取り付け可能。


上から。キズもさることながら、電池ボックスの塗装ハゲがいい感じ。


本体カバーの天井にあるのはキズのように見えますが、数字が書き込んであるようです。7323か・・・。


本体後面のスイッチ部。結構ヘタってます。


本体前部右サイドに、かろうじて読み取れるくらいに SU231/PEQ刻印とシリアルナンバー、マトリクスコードが残ってます。


と、ここまで使い込まれている割にはガラス面は超きれい。キズも曇りもありません。


パワーソースは CR123を2本。


電池ボックスはワイヤーのランヤードで本体につながっていて、電池交換時に脱落しないようになっています。


型の古いホロサイトを購入する際に、一番の懸念はレティクルの照度低下や表示不良領域の存在。レーザーホログラフィックを使用するサイトは、接眼ガラス内に封入されたゲル状の何か (レーザーを投影するのに必要らしい) が空気に触れると劣化するらしく、その結果レティクルが暗くなったり欠ける箇所が出来たりするようです。幸いこの個体は古くてボロいくせに、レティクルだけはギラギラに光ります


というわけでトレポン Mk18さまに装着! ほんのちょい前に合わせて小物も変更しています。


ライトは M3X が定番ですが、あえてのスカウトライト。ハイダーも KAC の QD にしたいですね・・・。


フォアグリップはタンゴダウン、リモートスイッチもライト変更に伴って Surefire のデュアルスイッチ (SR-D-IT) にしました。うーん、かっこいい


まだ手を入れないといけないところもありますが、ほんのちょい前 SEAL に向けて鉄砲は整ってきました。装備の方は AOR1 + カーキ6094の画像が少なくて大変そうですが、いろいろ勉強するの楽しいです。
ギアログまでに形になるといいなー







同じカテゴリー(光学機器/ライト)の記事画像
SEAL なスコープのマウントリング!
SEAL なスコープのドクターマウント
光学機器紹介 (Nightforce NXS 2.5-10x24 編)
未来装備 AN/PSQ-20B!! (後編)
未来装備 AN/PSQ-20B!! (前編)
光学機器紹介 (EOTech 4x Magnifier 編)
同じカテゴリー(光学機器/ライト)の記事
 SEAL なスコープのマウントリング! (2017-03-22 00:15)
 SEAL なスコープのドクターマウント (2017-02-23 01:03)
 光学機器紹介 (Nightforce NXS 2.5-10x24 編) (2017-02-06 00:32)
 未来装備 AN/PSQ-20B!! (後編) (2016-08-28 00:45)
 未来装備 AN/PSQ-20B!! (前編) (2016-08-23 00:44)
 光学機器紹介 (EOTech 4x Magnifier 編) (2016-04-19 00:46)

Posted by taroybmx  at 05:57 │Comments(0)光学機器/ライトドット/ホロサイト

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。