2015年02月27日

アメリカン・スナイパーとスナイパー小説


ミリタリー界隈でも話題の映画、「アメリカン・スナイパー」 を観てきました。

この映画は、ご存知の通り米海軍特殊部隊 Navy SEALs に所属していたスナイパー、クリス・カイル氏著の自伝的ドキュメンタリー 「ネイビー・シールズ 最強の狙撃手」 (原題 American Sniper) を原作とする、クリント・イーストウッド監督による作品です。映画の内容についてはまだ見ていない方のために多くは触れませんが、「戦争に行く」 というのはどういうことか、通り一遍でない考え方を迫る映画でした。



映画のパンフレット。劇中の写真が多く載せられていて、装備好きとしては映画に夢中になって見落としていた装備のディテールが見られて嬉しい一冊。内容的には映画評論家、町山智浩氏のレビューが面白かったです。


さて、映画の話はこのくらいにして、自分の大好きなスナイパー小説の話をしたいと思います。

そもそも自分がミリタリー (というかエアソフトゲーム) に興味を持ったのは、小説の影響で狙撃手、特にミリタリースナイパーに興味を持ったからです。少し調べると現在の法規制及びゲームのレギュレーションではスナイパーとして活躍するには相当な技量が必要なことがわかり落胆したのですが。そんな自分が影響を受けた小説、スティーブン・ハンターによる 「ボブ・リー・スワガー」 シリーズをご紹介します。


「極大射程」 (原題 Point of Impact)
記念すべき 「ボブ・リー・スワガー・サガ」 の第一作となる作品。「ザ・シューター」 の邦題で映画化もされていますので、そちらをご存知の方も多いと思います。元海兵隊一等軍曹にして伝説のスナイパー、ボブ・リー・スワガーの活躍を描いた本作は、その秀逸なプロットとストーリーテリングもさることながら、スナイパーの心理と必要とされる能力、銃器と弾丸、射撃に関する執拗な描写が素晴らしく、ミリタリーファンならスナイパー好きでなくとも必読の書です。ちなみに表紙は繰り返し読み過ぎて擦り切れました。


「狩りのとき」 (原題 Time to Hunt)
シリーズ3作目 (番外編のダーティ・ホワイト・ボーイズを入れると4作目)。上下巻となる文庫版のほぼ一冊分を使って、ベトナム戦争従軍時の戦闘描写を行っていて、シリーズ中もっとも戦争小説色の強い作品です。ボブが SOG に所属して CIA のウェットワークをこなしていたことなども明かされており、戦闘服の迷彩に関する描写など、ミリタリーファンならニヤリとすること間違いなし。


シリーズ6作目。シリーズファンが必ず直面する4作目・5作目で感じた違和感を、これでもかと粉砕する珠玉の作品。これまで以上にマニアックな銃と射撃、その物理とメカニズムへの傾倒、Chey Tac のLRRS を彷彿とさせる最新鋭狙撃システムなど、現用ファンも楽しめる内容になっています。


「最も危険な場所」 (原題 Pale Horse Coming)
こちらはボブ・リーの父親、アール・スワガーの凄まじい冒険を描いた番外編。スナイパーものではなく、設定の突拍子なさや、著者のやや偏った思想が見え隠れする本作ですが、ガンアクションのエンターテイメントとしてはシリーズ屈指なうえ、アメリカンガンカルチャーについて興味深い話が数多く挿し込まれています。これを読めば、拳銃弾にせよライフル弾にせよ、なんであんなにたくさん種類があるのか少しわかります。


今回ご紹介したのは、自分の読んだスナイパーもののほんの一部なんですが、少しでも興味を持っていただけたら、第一作の 「極大射程」 だけでもぜひ読んでみてください。ボブ・リー・スワガーの、そしてスナイパーの魅力にハマることうけあいです。

また、第3作 「狩りのとき」 は、映画 「アメリカン・スナイパー」 と、ストーリーや背景は全く異なるものの、全体の主題という意味で共通する点が多い作品です。合わせておすすめしておきます。






同じカテゴリー(雑記)の記事画像
ギアフェス2017をちょっとだけ振り返る
ギアログの思い出 (その2)
ギアログの思い出 (その1)
次期公式レンジ決定! ウーパー新横浜に行ってきました
ベガスの砂漠でシューティング (長物編)
ベガスの砂漠でシューティング (ハンドガン編)
同じカテゴリー(雑記)の記事
 ギアフェス2017をちょっとだけ振り返る (2018-01-09 00:45)
 ギアログの思い出 (その2) (2015-12-09 02:10)
 ギアログの思い出 (その1) (2015-12-08 02:26)
 次期公式レンジ決定! ウーパー新横浜に行ってきました (2015-07-11 01:08)
 ベガスの砂漠でシューティング (長物編) (2014-12-08 13:02)
 ベガスの砂漠でシューティング (ハンドガン編) (2014-12-04 17:00)

Posted by taroybmx  at 12:44 │Comments(0)雑記

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。