2015年02月06日

光学機器紹介 (EOTech 551 編)


11月の Nightforce 以来、久しぶりの光学機器紹介です。本日は EOTech 社製のホロサイト、551をご紹介します。エルカンさまとか512とか、まだやってないやついろいろあるんですが、直近購入して浮かれてるので。

EOTech 551は、単5乾電池で駆動するコンパクトなモデルで、デルタや DEVGRU をはじめ、多くの部隊での使用が確認されています。が、今回はそんな理由で購入したのではなく、ゲームウェポンとして作った HK416C に載せる光学を探していたからです。416C の光学は、



ショートスコープをのっけてみたり、


T-1をのせてみたりしましたが、どうもしっくりきません。やはりショートタイプとはいえ416、ホロサイトが似合うんじゃないでしょうか?


というわけでドーン! ディスコンになって久しいこの製品、中古で程度のいいのがあったので買ってしまいました。


箱の中身はこんな感じ。サイト本体、取説、手回しネジ、7/64インチのアーレンキーが付属します。


本体。552/512を短くしたような形状で、非常にコンパクトです。


左サイド。552/512と同じくヘックスボルトで固定します。付属の手回しネジに交換することもできますが、一度つけてしまえばそんな外さないし、見た目がスマートじゃないので替えません。刻印は新しい L3ロゴのタイプ。


右サイド。エレベーションとウィンデージの調整ダイヤルが付いています。エレベーションダイヤルの穴が涙型の旧型は超貴重品ですが、こちらは普通の丸型。


接眼側。輝度調整スイッチと NV モードボタンが付いています。EXPS はブースター装着時に操作がしやすいよう左サイドに操作スイッチが集中していますが、後部にあるのも横がすっきりしてかっこいいですね。


底面はこんな感じ。


この551、コンパクトで416C にとってもお似合いなんですが、使用にあたってひとつ弱点が。外付けバッテリーな416C はハンドガードのトップレイルに PEQ を載せないといけないんですが、写真のように FOV にもろかぶり。後発製品の553や EXPS などは最初からこれを考慮して高くなっています。LE の鉄砲に載せている512も低いんですが、あちらは RRA のドミネーターを下駄にしているので問題なく使えます。


覗くとこんな感じ。レティクルを FOV の真ん中に来るようにすると、大体1/3くらいが PEQ で隠れてしまいます。気になって仕方がないです。


下駄を履かせるライザーマウントは、LaRue や YHM、ADM などからいくつも製品が出ていて、安価なレプリカも存在するのですが、この直付けのスマートさが損なわれてしまうのは惜しいです。まあ両目でサイティングすれば全然狙えるし、慣れれば気にならなくなるかもしれないので、しばらくこのまま使ってみます。


というわけで、416C も戦闘準備完了です。やっぱり416にはホロサイトが似合いますね。
ゲームで使うのが楽しみです!!






同じカテゴリー(光学機器/ライト)の記事画像
SEAL なスコープのマウントリング!
SEAL なスコープのドクターマウント
光学機器紹介 (Nightforce NXS 2.5-10x24 編)
未来装備 AN/PSQ-20B!! (後編)
未来装備 AN/PSQ-20B!! (前編)
光学機器紹介 (EOTech 4x Magnifier 編)
同じカテゴリー(光学機器/ライト)の記事
 SEAL なスコープのマウントリング! (2017-03-22 00:15)
 SEAL なスコープのドクターマウント (2017-02-23 01:03)
 光学機器紹介 (Nightforce NXS 2.5-10x24 編) (2017-02-06 00:32)
 未来装備 AN/PSQ-20B!! (後編) (2016-08-28 00:45)
 未来装備 AN/PSQ-20B!! (前編) (2016-08-23 00:44)
 光学機器紹介 (EOTech 4x Magnifier 編) (2016-04-19 00:46)

Posted by taroybmx  at 12:42 │Comments(0)光学機器/ライトドット/ホロサイト

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。