2014年12月30日

PELICAN Case 1700 導入!


以前購入したものの、そのあまりの重さ、大きさにゲームに持って行けず、増え続ける鉄砲の屋外保管庫と化してしまった PELICAN Case 1720。それなのに性懲りもせずまた PELICAN を買ってしまいました。今度はちょっと小さい 1700、以前ゲームで KOTTA さんの車に横積みされているのを見て、これなら運用可能ではないかと思ったのです。ちなみにサイズ的には1720より幅が約16センチほど短い以外は同じです。


ペリカンのライフルケースで使い勝手上もうひとつ問題が。1720や1700のロングケースはデフォルトだとフォームがびっちり詰まっていて、この写真のように切り抜いて使用します。これはこれで非常にかっこいいのですが、いろんな銃をフィールドに持っていくキャリーケースとしては不便です。


そこでいろんな鉄砲の収納に対応できるよう、カスタムフォームを作ることにしました。写真の波なみになったスポンジは、本来おうちの壁に仕込む防音フォーム。東急ハンズで購入しました。


1700の内寸は908×343mm、1m四方の素材から2枚取れます。普通の定規をガイドにするには大きすぎるので、今回はアングルを使いました。ホームセンターで数百円から買えます。


純正スポンジはざくざく切れる切りやすい素材ですが、ウレタンは柔らかくて切りにくいです。今回もカッターはオルファの特選黒刃を使用。


アングルに刃を沿わせて一気に切ります。ノコギリのように刃を動かすと切り口が汚くなったりズレたりしますので、思い切っていきましょう。


完成! 上手に切ったとしても、ウレタンは変形するため多少の誤差は出てしまいますので、気持ち (数ミリ程度) 大きめに切るといいと思います。大きめに切っておけば、ウレタンの弾力でケースにフィットしてくれます。


1720に比べて小さい1700ですが、M4が1丁と替えアッパーがひとつぴったり収まります。これ以外にスリングやマガジン1本、バッテリーケース、弾を込めるためのローダーなんかを入れておけるので、このケース一つで射撃に必要なものは事足ります。


仕上げにステッカーチューン。ミリ系のステッカーは全然持っていないので、ほぼ BMX 関連のステッカーです。

多少小さいとはいえやはり重たいこのケース。が、何度かゲームに持って行ってみたところ、なかなか便利に思えてきました。確かに重いですが、キャスターが付いているしそれほど苦になりません。大きさも車のラゲージルームに横にして入るのでそんなにスペースを圧迫しない上、遠慮なく上に物を積めるのでむしろスペースを有効に使えるくらいです。フィールドでは地面においても気にならず、他の荷物を置く台にもなるので非常に便利。

わずか16cm 小さくなっただけで大幅に使い勝手が向上した PELICAN Case 1700、メインのガンケースとして活躍してくれそうです。





同じカテゴリー(装備)の記事画像
PVS-31 右端の人 Ver. !!
右端の人ついに完結!? PVS-31 ダミーゲット!
白いパルスの K パネル!
AVS をもっと活用しようセットアップ!
右端の人腰周り装備更新! (AWS Retention Lanyard)
ついにゲット! 右端の人ケミカルライト (Glow Stick)
同じカテゴリー(装備)の記事
 PVS-31 右端の人 Ver. !! (2017-05-30 02:57)
 右端の人ついに完結!? PVS-31 ダミーゲット! (2017-05-29 00:21)
 白いパルスの K パネル! (2017-04-15 00:53)
 AVS をもっと活用しようセットアップ! (2017-03-23 01:20)
 右端の人腰周り装備更新! (AWS Retention Lanyard) (2017-01-16 00:53)
 ついにゲット! 右端の人ケミカルライト (Glow Stick) (2016-12-06 00:38)

Posted by taroybmx  at 01:07 │Comments(0)装備

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。