2014年12月04日

ベガスの砂漠でシューティング (ハンドガン編)

前回の記事の最後に書いた通り、わたくしアメリカ合衆国に来ております。聞くところによると同じ時期に全快さんもアメリカにいらしているということで、自分の仕事は西海岸だったのですが、


やってきましたニューヨーク!! が、なんと全快さんは入れ違いで帰国してしまっていました。さびしい・・・。


そんな傷心を癒すため、花の都パリへ。エッフェル塔になんかパリっぽい建物


はい嘘です。他にもエジプトとかローマとかベニスとかあるんですが、タイトルでモロバレの上に面倒なのでやめます。そう、ここは砂漠の真ん中の眠らない街、ラスベガス!!

と言っても自分はギャンブルにも興味ないし、華やかなショーも野郎ひとりで行ってもしょうがないので、前から行ってみたかったツアーに参加してきました! その名も 「デザートシューティングツアー」 !! いわゆる実銃シューティングは他の町でもできますが、ここラスベガスのあるネバダ州は全米でも稀にみる銃規制ゆるゆるの州なのです。なのでほとんどの州で民間人が合法的に所持することが難しい、フルオートマチックの銃サプレッサー付の銃も撃ちまくれるという、まさに鉄砲好きのパラダイス

参加した 「デザートシューティングツアー」 は、日本人の元自衛官にして NRA インストラクターの資格を持つ、キャプテン中井氏の運営するシューティングツアー。弾の込められた銃を横からほいっと渡されてバンバンはい終わり、な感じが多い市中の観光シューティングと違い、銃の取扱いから構え方、エイミングの基礎までじっくり教えていただけます


というわけでやってきました、砂漠の真ん中のシューティングレンジ。かなたにぽつぽつと見える白いのがレンジのテントです。最大900m まで射程の取れる広大なレンジです。


的の準備をしてくださる中井氏。12インチの金属円盤を使用します。当たったところがわかるようにスプレーでペイントします。塗り直せば何度でも使えるエコ仕様


射台から的を望む。約25m くらいですが、30センチの的は小指の先ほどの小ささこれ当たるのか・・・?


そんな心配をよそに、こちらが本日のハンドガンラインナップ!! エアガンでなじみの深い銃が多いですが、見たこともない銃も。


トップバッターはこちら。AWCAmphibian です。Amphibian とは両生類、転じて水陸両用のことで、その名の通りマットに仕上げられたステンレス製、海中から陸上に移行するオペレーションに対応します。フレームの形を見るとわかる通り、ベースはルガーですがバレルはサプレッサー仕様になっていて、22口径という弾薬と相まって非常に静かな銃です。反動も少なく、ガスブロのエアガンのようにぱんぱん撃てます


続いてはリボルバーS&W357マグナム。こちらは38スペシャル357マグナムの両方が使えます。リボルバーは初めて撃ちましたが、すんごい当たる! 作動部品が少ない分精度が高いんだそうで、オートの7~80%の銃身でも同程度のアキュラシーだとか。


はい、次はおなじみ SIG P226。弾丸はポピュラーな9mm パラベラム


FDE のフレームがめちゃかっこいいです。バレルはサプレッサーが付くようにネジが切ってあるタイプ


ここから唐突に射撃シーンもあります。中井さんに撮っていただきました。意外なことに、この日撃った5丁の中では一番当たりませんでした。自分が下手なのもありますが、トリガーにクセがあってハンマーの落ちる位置がわかりにくかったような。


お次は H&K Mk23、いわゆるSOCOM ピストルです。弾丸はいよいよアメリカ人が愛してやまない45ACP 弾です。


今まで撃ってきた .22LR9mm パラベラムと比べるとひとまわり大きくてまるまるとしています。


大型で重量があるせいか、そこまで反動を感じませんでしたが、銃声はイヤマフをしていてもキーンと耳鳴りがするレベル。そして P226よりよく当たりました


そして最後、H&K USP Tactical のサプレッサー仕様!! 今日の一番のお気に入りです。


とにかくよく当たる銃で、強力な45ACP 弾を使用するにも関わらずコントロールしやすく、5発中3発がワンホールになるほどまとまりました。


気に入ったので写真多めUSP Tactical はサプレッサーの装着を前提とした装備で、ネジを切ったバレル、サプレッサーに隠れない背の高いフロントサイトアジャスタブルリアサイトなどが特徴です。


写真ではわかりませんが、チャンバーにはローデッドインジケータが付いていて、スライドを引かなくても薬室への装弾の有無が確認できます。

5丁のハンドガンを撃ってみて、銃にはさまざまな個性があることがわかりました。特に重要なのはトリガーフィーリング。エアガンでゲームをしてる時にはまったく考えてませんでしたが、弾道が見えない実銃では撃ちながら修正とかできないので、ハンマーが落ちる間際のサイトピクチャーが全て。手持ちで撃つ以上完全に銃を静止させることは出来ないので、いかにサイト上に的がある状態でハンマーを落とせるかということになり、トリガーを引く指の感覚でハンマーの落ちる瞬間を感じられることが重要になります。ダイレクトなトリガーフィールのリボルバーやマッチトリガー装備の USP Tactical でよく当たって、遊びを引ききった後に粘る感じの P226で当たらなかったのはその辺が原因かなーとか思いました。

というわけで砂漠のシューティングツアー、ハンドガン編はここまで。次回長物編に続きます!
To be continued!!






同じカテゴリー(雑記)の記事画像
ギアログの思い出 (その2)
ギアログの思い出 (その1)
次期公式レンジ決定! ウーパー新横浜に行ってきました
アメリカン・スナイパーとスナイパー小説
ベガスの砂漠でシューティング (長物編)
REALMENT ショールーム訪問!
同じカテゴリー(雑記)の記事
 ギアログの思い出 (その2) (2015-12-09 02:10)
 ギアログの思い出 (その1) (2015-12-08 02:26)
 次期公式レンジ決定! ウーパー新横浜に行ってきました (2015-07-11 01:08)
 アメリカン・スナイパーとスナイパー小説 (2015-02-27 12:44)
 ベガスの砂漠でシューティング (長物編) (2014-12-08 13:02)
 REALMENT ショールーム訪問! (2014-10-02 17:31)

Posted by taroybmx  at 17:00 │Comments(2)雑記

この記事へのコメント
お仕事合間のブログお疲れ様です!
長物編とおそらくあるであろう散財編が今から楽しみです!(笑)

ベガスって今の時期寒いんですね。
体調に気をつけてくださいね〜!
Posted by ユーマンユーマン at 2014年12月04日 19:08
>ユーマンくん
長物編アップしました&日本に帰ってきましたー
散財編はそのうちにw
Posted by taroybmxtaroybmx at 2014年12月09日 18:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。