2014年08月23日

鉄砲紹介 (トレポン KAC SR-16 E-3編)

徐々に更新間隔が広がってきてしまっています。毎年この時期は忙しいのですが、今年はさらにやばいです。

が、そんな中でも更新せざるを得ない出来事が! そう、自分の2.5丁目 (Mk18はアッパーのみ制作) となるトレポン、『Knight's Armament SR-16 E3 Carbin』 が出来ちゃいました!!

はいいきなり完成品ドン! やばいです。最近武骨なミリタリーテイストの鉄砲しかいじってなかったので、久しぶりの民間タクティカルなウェポンはエロティックでさえあります。



お分かりかと思いますが目指したのはこんな感じ。でも14.5インチレイルは長すぎるのと、ハイダーにレイルがかぶさるのはあんまり好きじゃないので、13インチにしました。


なので色とかは上の写真を参考にしつつ、実際の構成はこっち。


さて、順に見ていきましょう。まず納品時はこんな感じめちゃくちゃシュッとしてますね。盛り盛りの Mk18を見慣れてるので、シンプルな美しさが新鮮です。


ハイダーは KAC の MAMS です。めちゃ複雑な形ですね。最近 Madbull から QDC サプレッサーのレプが出ましたが、残念ながらこいつには付きません。でもかっこいいので OK です。


レイルは先述の通り URX4の13インチ。本来ミリタリー向けコンプリートライフルの SR-16 E-3に付くレイルは URX3.1ですが、民間向けの SR-15『IWS E3 CARBINE MOD 2』 というのがあり、こちらは URX4が装着されています。ただし SR-15は民間向けのためフルオートがなくなってしまうので、軍用の SR-16 E-3を近代改修したもの、という脳内設定です。

見えにくいですが、ディンプルバレルも再現されています。Key-Mod の穴からのぞくディンプルが尋常じゃないかっこよさ


レシーバー左側面。M4に比べるとかなりごちゃごちゃしています。マグキャッチ、セレクター、ボルトストップパドルなど全てアンビ仕様で、左右どちらからでも操作できます。ちなみにレシーバーはプライム製です。


グリップは Magpul の MIAD。グリップの太さが変えられるキットが付いてきます。トリガーガードは KAC


ストックは定番 Magpul CTR。構えやすいストックですが、もうちょっと高さが欲しいので、チークピースを付けたいです。見えてませんがバッファチューブは LMT


レシーバー右側面。レール根本とレシーバー後端に見える黒い丸は QD スリングアダプター。CTR ストックにも付いていて、全て左右両側にあるので、合計6個も穴が開いています。穴だらけ。


さて、シンプルな美しさを堪能した後は、いろいろ盛り付けていきましょう。用意したのは、純正ハンドパネル9スロット Key-Mod レイルレプリカ5スロットレイルを2つにレプハンドストップ。購入当時はこんなに穴だらけだと思わなかったので、Key-Mod QD スリングアダプター (レプ) も買っちゃってました。


が、レプの Key-Mod アクセサリーは全て取り付けできず・・・。写真のように、Key-Mod の穴に差し込む部分の足が長すぎ、ネジを締めこんでも固定できません。そういえば Madbull 製の Noveske NSR レプリカを買った時に、実物の Key-Mod アクセサリー使用不可と書いてあった気がします。当然逆 (レイル実/Key-Mod レプ) も付かないということですね・・・。


気を取り直して9スロットのレイルを取り付け、こちらは KAC 純正なので何の問題もなく装着。レイルの3時と6時の間に装着して、ここにはライトを取り付けます。


お次はハンドパネルステキな過剰包装に包まれています。


取り付けは簡単。パネルの裏の突起を Key-Mod の穴に合わせて取り付け、スライドさせるとぱちんとはまって装着完了。これ、いわゆるコスタ撃ちのためにここに付けてるんですが、自分はコスタ撃ち苦手なことに気が付きました。


で、スコープとライトを取り付けて完成! スコープは参考画像にならって Leupold Mark 6 です。ライトは Surefire のスカウトライト M600U、ヘッドは KM2ヘッドからノーマルに戻しています。もしかすると軍用テイストなスカウトライトよりも X300 とかの方がタクティコーかもしれませんね。

さて、この鉄砲はレイルとレシーバーをタンカラーに塗装してもらっていますが、めちゃくちゃ大変だったようです。苦労のかいあってすんごくきれいに塗られていて、表面はもちろん、この細いレイルの内部にもしっかり色が入っています。ちなみにちょっとグロスっぽく見えるのはガンオイルのせいで、塗装はもっとマットな感じです。素晴らしい仕事をしてくださった MOVE の S さん、ありがとうございます!!

ミリタリー寄りの鉄砲や装備はめちゃくちゃ楽しいしかっこいいんですが、あいにく今の季節は真夏。夏の間は上記のようにチェストリグや腰周りの装備にまとめて、こういう鉄砲でタクティカルインストラクター装備ってのもありかもしれません。







同じカテゴリー(エアガン)の記事画像
HK45CT サイト調整失敗!&バレル交換成功!
HK45CT のサプレッサー&ケース!!
HK45CT 実射&カスタム!!
トレポン流速化!? Move 153カスタム!
SEAL なスコープのマウントリング!
徹底解剖! NBORDE HK416D 粘着レビュー (Part 2)
同じカテゴリー(エアガン)の記事
 HK45CT サイト調整失敗!&バレル交換成功! (2017-09-13 07:34)
 HK45CT のサプレッサー&ケース!! (2017-08-20 00:54)
 HK45CT 実射&カスタム!! (2017-08-18 00:42)
 トレポン流速化!? Move 153カスタム! (2017-05-31 02:16)
 SEAL なスコープのマウントリング! (2017-03-22 00:15)
 徹底解剖! NBORDE HK416D 粘着レビュー (Part 2) (2017-01-08 02:13)

Posted by taroybmx  at 03:58 │Comments(0)エアガン鉄砲紹介トレポン

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。