2014年06月04日

トレポン 地味カスタム


愛してやまないかっこいい M4 に、言わなきゃわからないカスタムをまとめてやりました。お世話になったのはいつもの MOVE さんです。


ひとつめ、フロントサイトベース (FSB)。M16 系アサルトライフルのアイコンとも言える前三角です。メーカー不明 (BCM?) の F 刻印版を付けていただきました。正直仕上げとかは純正の方がきれいです。


F 刻印はキャリングハンドルが着脱式の M4 用 (Flat Head の略だった気が Flat Top でした) に、少し高さを抑えたフロントサイトベースのしるしだったと思います。ミリタリーM4 には定番ですね。バレルにはテーパーピンで固定されているんですが、新品の FSB にはピンをさす穴が開いておらず、その加工からしなければならないため、工具などの機材がない個人での組み込みはかなり厳しいと思います。ヤフオクなんかで購入をお考えの方はご注意を。


ふたつめ、ハンドガードキャップさあ地味になってきました。たぶん BCM のだと思います。そもそもトレポンのハンドガードキャップは実物サイズでスチール製なので替える意味あんのかって話ですが、そこは気分です。まあ高いものでもないので。


みっつめ、デルタリング。トレポン純正のはちょっと黒すぎるなーと思ってたんですが、実物も黒かったです。が、ちょっとツヤは減った気が。たぶん DPMS 製。


よっつめ、トリガーガード。個人的にはこれが一番やりたかった。2012 バージョンのトレポンのトリガーガードは最初から Magpul PTS の MOE が付いてくるんですが、ミリタリー系を目指している場合はだいぶ余計なお世話です。実物とは固定ピンの径が違うため、穴を広げる加工が必要だそうです。このそっけない直線がたまりません。


いつつめ、マトリクスコード。先日 SOF in Nakano でゲットしたものをぺたっと貼っただけです。すてき。


そんなわけで、見た目はほとんど変わらない地味なアップグレードばかりですが、個人的には大満足です。

とりあえず、この M4 はこれで完成ですかね。この 「何の変哲もなさ」 を大事にしたいです。








同じカテゴリー(エアガン)の記事画像
HK45CT のサプレッサー&ケース!!
HK45CT 実射&カスタム!!
トレポン流速化!? Move 153カスタム!
SEAL なスコープのマウントリング!
徹底解剖! NBORDE HK416D 粘着レビュー (Part 2)
NBORDE HK416D 盛り付け!
同じカテゴリー(エアガン)の記事
 HK45CT のサプレッサー&ケース!! (2017-08-20 00:54)
 HK45CT 実射&カスタム!! (2017-08-18 00:42)
 トレポン流速化!? Move 153カスタム! (2017-05-31 02:16)
 SEAL なスコープのマウントリング! (2017-03-22 00:15)
 徹底解剖! NBORDE HK416D 粘着レビュー (Part 2) (2017-01-08 02:13)
 NBORDE HK416D 盛り付け! (2017-01-03 00:44)

Posted by taroybmx  at 12:34 │Comments(0)エアガントレポン

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。